ふたり

なつみとさくら 月山香子に会う

なつみとさくら 月山香子に会う 「古沢なつみさんと西東さくらさんね?」 エレベーターの前で待っていた女性は、 手にしているファイルから二人に視線を移して、訊いた。八幡不動産から、ふたりの書類がファックスかメールで送られているのだろう。 ...
家族

ほんとうの父

ほんとうの父 自分の実父が姉や弟とはちがうと知ってから、なつみは、実父についてびたび想像した。 名前はなんというのか? 仕事はなにをしてるんだろう? どこに住んでいるのか? 鏡を見て、自分の顔から母の部分を引いて残った部分から父の顔...
家族

父ふたり

戸籍だけの父 なつみが、3人のこどものなかで自分ひとり父の子ではないと知ったのは、小学6年の文化祭の日だった。 なつみは、その年の文化祭で、最終学年の記念に6年生が毎年上演することになっている劇の準主役に選ばれた。 6年生は1組から3...
ふたり

シェアハウス「王子アリス」

シェアハウス「王子アリス」 なつみもさくらも全身汗だくだったが、それをハンカチで拭く余裕はなかった。 日傘をさすのもじゃまになり自分の日傘をそれぞれ小わきに抱え、日陰をひろって歩いた。 もう30分ちかく歩いているのに すぐ見つかるとおもっ...
ふたり

なつみとさくら、老不動産屋とであう

 部屋探し 数メートル先の路上に、かげろうが揺れている。 数日前から、30度をこえる暑い日がつづいていた。 さわやかなみどりの風がそよ吹くはずの5月下旬だというのに、8月はじめの太陽が出番をまちがえて出てきたみたいだった。 地球温暖化の影...