「王子アリス」

ふたり
王子の昼下がり、人通りの少ない通りで迷う
Pocket

シェアハウス「王子アリス」

なつみもさくらも全身汗だくだったが、それをハンカチで拭く余裕はなかった。
日傘をさすのもじゃまになり自分の日傘をそれぞれ小わきに抱え、日陰をひろって歩いた。

もう30分ちかく歩いているのに
すぐ見つかるとおもっていたシェアハウスは、見つからなかった。

王子あたりにシェアハウスはそんなにたくさんなさそうだし、しかもあまり見かけない洋風の建物なのだ。
すぐわかるはずだった。

八幡不動産の老店主は「15分くらいで着く」といった。

それなのに、30分歩いても、それらしい建物はみつからなかった。

スマホで住所をいれても、なぜかひどくわかりにくく、たどり着けなかった。

「王子シェアハウス」「王子 シェアハウス」と検索しても、まったく関係ない情報がゾロゾロ出てくるだけだった。

 

「区役所わきの道を道なりにけば、出るから」と、不動産屋はいともかんたんに言ったのだ。

しかし、北区の区役所は、庁舎がいくつかに分かれていて、初めて行く者にはわかりにくかった。

北区役所は、庁舎がいくつかに分散していて、わかりにくい。

 

 

 

 

 

王子の昼下がり、人通りの少ない通りで迷う

 

 

 

 

 

そのうえ、そのあたりの通りは、広くもない道の左右に、特徴のないマンションと、その間に古い個人の家がぽつりぽつり並んでいるという、店舗などほとんどない地味でありふれた道筋で、記憶しにくく、なんどか同じ道に出てはひき返した。

炎天下のせいか、人通りもなく、ようやくゆきあえた年配女性に「この辺にシェアハウス、ありませんか?」と聞いても

「シェアハウス? そんなのこの近所にあるの?」と聞き返されるしまつ。

写真のコピーを見せると、「こういう感じの建物、なんか見たような気もするけど…」
しばらく考えてくれたものの、

「いやだ! 遅れちゃう!」約束があったらしく急に不機嫌な声を上げると、足早やに去っていった。

 

Tシャツにジーパンの40代くらいの男性が「ああ、シェアハウスなら…」と教えてくれたのは、全く異なる駅に近いビルのシェアハウスだった。

 

若い男は二人の先に立って大股で歩きだした

八幡不動産が家主の秘書と電話で話してくれたとき、その場所に行きつくためにこんなに手こずるなんて、なつみもさくらも予想もしなかった。

〈なんとか女性家主に気に入られて、シェアハウスの住人になること〉
八幡不動産を出たときは、それだけが課題だとふたりはおもっていた。

まさか、そこへ行きつく前に、こんな試練があるなんて…。

 

リュック型の書類カバンに背広の上着をかかえたサラリーマンらしい若い男が道の向こうに現れたとき、ふたりの焦りは頂点に達しかけていた。

おもわず小走りに近づき、「すみません!」なつみは叫ぶように声をかけていた。

足を止めた男は、ちょっとおどろいた顔で、せっかくの日傘を差しもせず、わきに抱えた若いふたりの女性を見た。

「あのう、このシェアハウス、ごぞんじないですか?」
なつみは手にした建物の写真のコピーを差しだした。

男はふたりに向けていた視線を手渡されたコピーに移し、すこしのあいだながめると、

「ああ、これ…」表情をゆるめた。

どうやら知っているらしい。二人はほっとし、なつみはおもわず両手の指を胸の前で組んでいた。

「ふ~ん。これ、シェアハウスなんだ。知らなかった」とつぶやき、

「こっちです」

二人の先に立って大股で歩きだした。

二人が小走りに後を追うと、

「ほら、あそこ。見えるでしょ」

二つほど角を曲がった道の左端に立ちどまって、反対側を指さした。

マンションの左手に、たしかに洋風の建物がひっそりと建っていた。

コピーの写真よりは淡いレンガ色で、そのぶん品よくみえる。

なつみとさくらは、男に礼をいうのもそこそこにその建物に駆けより、低い2段の階段をのぼると、玄関前に並んで立った。

 

「王子アリス」ホール全体に,ラベンダーのごく淡い香りがしていた

建物の入り口左手に、40センチ×200センチくらいの横長な深みどり色のプレートに、周囲の縁取りと同じチタンゴールドで、「王子アリス」と文字が浮き上がっている。

「エエッ!〈王子アリス〉って…! 〈王子シェアハウス〉…が、この建物の名じゃなかったの?」なつみはおもわず大きな声を上げた。

「….」

しかし、さくらは、なつみの疑問にはとりあわず、さっさとプレートの下のインターホンを押した。

なつみも、いまはそんな詮索より面接を受けるのが先と気づいて、さくらと並んでインターフォンからの声を待った。

 

「どちらさまでしょうか?」

ややあって、おちついた40代くらいの女性の声が、インターフォン越しに訊いた。

 

「あ、あの…。さきほど八幡不動産からご紹介され者ですが、道がとってもわかりにくくて…、道に迷って遅くなってしまって…」

なつみがしどろもどろいうのを最後まで聞かず、女の声は「お待ちしてました」といった。

そして、声と同時に、二人の目の前のこげ茶色の木製の2枚扉が左右に開いた。

 

「入ってすぐ正面にエレベーターがありますが、それではなく、右手の廊下奥にあるドアの先のエレベーターで、9階に上がってください。エレベーターを出たら、そこでお待ちください」

それだけいうと、インターフォンからの声は止んだ。

 

なつみとさくらが、クーラーがほどよく効いた玄関ホールに入ると、ドアは、ふたりの背後で静かに閉まった。

ホール全体に、ラベンダーのごく淡い香りがしていた。

二人がギョッとしたのは、入ってすぐ右手が大きな鏡になっていたからだった。

奥行も高さも3メートルくらいの鏡だった。

なつみとさくらは、そこに映った自分たちの、それぞれ左わきに黒い日傘を抱え、髪が乱れた汗だくの姿をみて、あわてて髪をなでつけ、着ているもののしわを伸ばした。

濃緑色の絨毯が敷きこまれた廊下が、玄関ホールから前面と左右に伸びている。靴は脱がなくてよいらしい。

正面に小さなエレベーターがあったが、インターフォンからの声の指示どおり二人は右手奥に進んだ。

10メートルほど先に両開きのドアが見える。ビルでよく見かける壁一面の二枚戸の防火扉だ。

ノブに手をかけると片方の扉がかんたんに開いた。
すぐ先に、女性がいったとおり、エレベーターがあった。

 

エレベーターが9階につくと、開いた扉の向こうに、薄茶色のパンツスーツ姿の、背の低いふっくらした女性が、ファイルを片手に抱いて、二人を待っていた。

 

なつみとさくら 王子アリスの家主 月山香子に会う

「古沢なつみさんと西東さくらさんね?」

手にしているファイルから二人に視線をうつして、訊いた。八幡不動産から、ふたりの書類がファックスかメールで送られているのだろう。

インターフォンから聞こえた声と同じだったが、声だけで聴いた印象より若く、30代半ばくらいにみえる。

「はい」「はい」

なつみとさくらが同時にうなずくと、

「月山の秘書、成海です」と名のり、

「どうぞ」とかるく会釈し、二人の先に立って濃紺のカーペットが敷かれた廊下を歩いていく。

パンツスーツの足元は、ハイヒールではなく、濃い茶色のローファーだった。

後を追いながら、なつみは意外におもった。(部屋を借りに来てるわたしたちに秘書がわざわざ名のるなんて…。いつものことなのだろうか)。

もしかしたら…、と、胸がドキドキしはじめ、こころよい期待の雲がわきあがりかけるのを、

(だめだめ、期待してはダメ! これまで、わたしの人生で期待がそのままかなえられた試しなんてなかったじゃないッ!)と、強くうち消した。

だいたい、決めるのは家主で、まだ、家主本人に会ってもいないのだ。

秘書は、5,6メートルほど先でワインレッドに塗られたドアの前に立ち止まり、ノックした。
わずかな間をおいて、

「どうぞ」

女性の声が答えた。

秘書が大きくドアを押し開けてわきに立ち、二人を促した。

入ってすぐ正面の、小花が一面に彫り込まれた透明アクリルのパーティションを回り込むと、横長なソファが向き合っておかれ、間に、明るい色の木製の細長いテーブルが見える。

向こう正面のソファに、猫を抱いた60歳前後のほっそりした女性が腰かけていた。

なつみとさくらを見て、猫を抱いたまま立ち上がり、笑顔で、二人に自分と向かい合ったソファをすすめると、自分ももとどおり座った。

家主の月山香子にちがいない。

猫は、みたところ、街中で普通に見かける日本猫みたいだった、

(だけど、実は、血統書付きの高額な猫なのかもしれない)と、なつみは思った。

秘書がトレイに乗せたグラスを運んできて、すこし離れた場所に立った。

「どうぞ」月山は、猫をソファの自分のすぐ脇におろすと自分のグラスを取り上げ、二人に勧めた。

たっぷり氷の入った香ばしい麦茶は、炎天下を歩いてきた二人ののどをこころよく潤したが、緊張しているせいか、ふたりとも麦茶がのどを通らなかった。一口だけ飲んで、それぞれテーブルにそっとグラスをもどした。

「おふたりは、どんなおともだちなの?」

なつみとさくらは、互いのことばを補いながら、小学生のころからの幼馴染であること、高校で同じクラスになって、親しくなったことなどをはなした。

月山は、グラスを手に、ふたりをながめながら黙って話を聞いていた。

二人が話し終えてから、少しの間があった。

「成海さん。おふたりに、お部屋をご案内して」やがて月山は、おだやかな声で、秘書の成海にいった。

「はい」成海は答え、茫然としているふたりに、

「おふたりとも、麦茶を飲んじゃってね」と、さくらとなつみをうながした。

なつみとさくらは、ふさがった喉をこじ開けるようにして麦茶を飲んだ。

麦茶を飲まなければ、この幸運が消えてしまうかもしれない、そんな気がした。

 

 

「お二人、ラッキーだわ」

成海にうながされて乗り込み、ドアが閉まり、エレベーターが下り始めると、成海がふたりにむかっていった。

「はい、わたしたちもそう思います」なつみが興奮を抑えた声で応じ、さくらもうなずいた。

すると、成海はにっこりし、

「たぶん、あなたたちがかんがえてるよりずっとラッキーなんです」
といった。

「…そうなんですか」なつみが答えたとき、エレベーターが1階に着いた。

 

母からのLINE電話 なつみ

なつみとさくらが月山香子の秘書・成海(なるみ)に見送られて「王子アリス」を出たとき、2時をだいぶ過ぎていた。

だが、ふたりとも、まったく空腹をおぼえなかった。
まるで、からだ全体ふわふわしたバラ色の詰め物でいっぱいの、人形になったみたいだった。

暑ささえ、気にならなかった。

いったん角を曲がったとき、なつみはさくらの、さくらはなつみの顔を見て、おたがい同じ思いなのがわかった。

ふたりは、小走りに駆けもどり、道路の向こう側に並んで立って、これから自分たちが住むことになった建物を、「王子アリス」を、じっくり眺めた。

 

今朝までの二人なら、住めたらどんなにいいかと、ため息がでたにちがいない建物だった。

しかし、現実なのだ。
いま住んでいる襤褸アパートを引き払い、引っ越しの手配さえ済めば、ここに住めるのだ。

もしかしたら、目の前で消えてしまうんじゃないかと、心配する幼子のような気もちがそれぞれのむねをかすめたけれど、もちろんじゅうぶん大人の21歳のふたりは、自分たちの新しい住まいが現実なのを知っていたし、疑わなかった。

信じられない幸運に、有頂天になりかかるのだって、かろうじて抑えた。

それぞれ事情にちがいはあっても、十二分に不足のない家庭環境に育ったとはいえないふたりだったから、童話やアニメの世界と現実とのちがいについては、いささかわきまえる機会に恵まれていた。

しかし、そんな二人にとっても、今日のこの幸運は、しばらく夢見ごこちで浸っていたいと、つよく思わせた。

 

スマホのLINE電話が鳴った。

なつみは、夢見ごこちのままスマホの画面を見た。とたん、現実の世界に引きもどされた。

赤いカーネーションの鉢植え写真のアイコン。

母からだった。

 

目の前で輝いていた「王子アリス」の建物が、スッと陰った。

なつみは、入りかけた虹色の光彩にいろどられた扉から、現実の世界へ引きもどされた。

(しまった!)

母への仕送りを忘れていた。

 

「元気してる?」
すこし離れた場所からようすをうかがうような調子で、母が聞いた。

 

王子アリスの建物は、なつみの目の前で虹色の光彩を消した。

「ごめん! 部屋探しで、入金忘れてた!」

「ううん。母さんこそ、あなたに申し訳なくって。次のお部屋見つかったの?」

「……」

いまその「次の部屋」の前にいるといっていいものかかんがえ、母にはまだ、いうべきではないと思った。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました